山梨ハタオリ産地【ハタ印】「特集対談 ナガオカケンメイ氏×鈴木マサル氏」 | 日々、ながれる

山梨ハタオリ産地の今を伝える【ハタ印】「特集対談 ナガオカケンメイ氏×鈴木マサル氏」

2019.12.05
ハタ印

山梨ハタオリ産地の今を伝えるハタオリマチの『ハタ印』にて
「ロングライフデザイン」を提唱する〈D&DEPARTMENT PROJECT〉のナガオカケンメイさんと、『フジヤマテキスタイルプロジェクト』を監修するテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんを招いて、2019年11月8日に開催されたクロストークが公開されました。

ーー「これからの暮らしや産業の行く末はどこへ?」
 その土地と暮らしの中で長く愛されている「ロングライフデザイン」、つまり長く愛されてきたという「時間」が証明する“いいデザイン”。そんな感性のものさしを、自然や科学、働き方や経済が大きく変化しつつある現代において、いま一度見つめ直すことが、これからの暮らしや産業の根幹を醸成し、よりよい循環を育むはず。
  率直な問いを投げかける鈴木マサルさんと、その問いに明朗な言葉で答えるナガオカケンメイさんのやりとりからは、これからの産業を考える源泉が…。約90分の対談を、ほぼ文字起こし丸ごと、3部作でお届けする長編対談からは、これからの産業を考える重要なエッセンスにあふれています。

【これからのいいものづくり 01】ナガオカケンメイ氏×鈴木マサル氏 長編対談
『時間が証明する“いいデザイン”』

【これからのいいものづくり 02】ナガオカケンメイ氏×鈴木マサル氏 長編対談
『心が美しくないと美しいものなんてつくれない』民藝に学ぶデザイン

【これからのいいものづくり 03】ナガオカケンメイ氏×鈴木マサル氏 長編対談
『その土地ならではの個性が、新しいを生み出す財産になる』

 

長い対談記事ですが、だからこそ、愛読書を何度も読み返すように、
二人の言葉から、ものづくりの根幹を見直すきっかけに。
プリントアウトして、ペンマーカーを片手に、ぐっとくる考え方を何度も読み直してみたい記事です。

Back To Index
PAGETOP