素材を味わう、あそぶなかまの会 vol.1 『織物を味わう』 | 日々、ながれる

【11/3 13:00開催】素材を味わう、あそぶなかまの会 vol.1 『織物を味わう』

2019.10.21
WORKSHOP

産地に転がるカケラを集めて、一緒に何かをはじめませんか?

11月3日、アルフェテ工作室の素材から生み出すアイディア会議ワークショップ『素材を味わう、あそぶなかまの会 vol.1 「織物を味わう」』をFUJIHIMUROにて開催します。

今着ている洋服も、
今朝のみそ汁を飲んだお椀も、
手紙を開けるときに使ったハサミも、
ぜんぶ糸や木材、鉄などの素材からできている。

 

素材は工場にとどき、
はたらく人たちの手を通して生まれ変わり、
ぼくらの手元へたどり着く。

工場は場所とか暮らし方によって得意不得意がある。
得意なところに自然と集まり、
長い時間をかけて土地になじむ。
ぼくらはモノが産まれる土地を産地と呼ぶ。

 

産地には素材が集まる。
モノを作っている中では切り捨てられるところも出てくる。
産地には素材のカケラがたくさん転がっている。

せっかく産地にいるのなら、その素材のかけらを集めて何かできないか?
知って、集めて、考える。
モノを生み出す土地ならではの素材を味わう会を開きましょう。

私たちはいつも素材に包まれてる。
素材は言葉になるし、素材はおもちゃになる。
素材をたどっていくといろいろなことを知ることもできて、
素材を巡る旅は、人生を変えるかもしれない。
モノづくりの現場を知ることは楽しい。
この素材を通して、知っているようで知らなかったモノづくりに触れよう。

何かつくれるかもしれないし、
話をするのでも、写真を撮るのでも、文章を書くのでもいい。
なんだか好き、と集めて回るだけだって。

いろんな関わり方を探しましょう。
そんな素材との関係づくりをはじめましょう。

 

富士吉田市は代々続くハタオリの街。
そこにどんな素材が息づいているのか、知ってみませんか?

 

その後は、素材を片手に何かできることを見つけるために雑談からはじめましょう。

【素材を味わう、あそぶなかまの会 vol.1『織物を味わう』開催概要】
日時:2019年11月3日 13:00〜
会場:FUJIHIMURO(一般財団法人ふじよしだ定住促進センター内)
持ち物 : 筆記用具
参加費: 無料
対象:小学生以上

申し込み先:こちらのフォームにご入力お願いします。

 

スケジュール:
 13:00〜
  前半 富士吉田の素材に触れてみよう
  後半 素材から生み出すアイディア会議ワークショップ
 15:00〜 交流会

 

講師:アルフェテ工作室
京都を拠点に全国で活動するワークショップ専門のチーム。ワークショップのメニューは、300種類を超えます。素材をつくり直すプロジェクトや、アイディアを拡げるための対話型ワークショップなども開催しています。
http://arfete.com/

Back To Index
PAGETOP